アパはふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「迷宮遡行」読了

<<   作成日時 : 2005/04/23 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 昼休み、いつもの本屋で何を読もうかと物色していると、この本の文庫版の帯に「慟哭」の次はこれを読め!」と書いていたので素直に従いました。たまには命令形に従うのも生き方としては楽です。普段も従ってますが・・・。

 それは兎も角、今年初めに読んだ「慟哭」の印象がまだ、残っていたので、物語中の主人公が、関わりあって行く環境のわりにそのキャラクターが大層、軽い感じなので冒頭では違和感を感じました。ただ、その性格がある事をきっかけに一変するんですが、効果としては唐突過ぎた感がありました。その事に関わる人物との関係が中盤ではほとんど触れられずに進んできた為に尚更でした。また、最後は「慟哭」の著者だなぁ、と期待に応えてくれたのですが、矢張り、その人物との関係が事件の中で曖昧になりがちだったので、もう一つ乗り切れなかったのは、個人的な感想ながら事実でした。主人公の目的は心情描写などから実際の行動まで一貫していたのですが、読者からすると事件の全貌に視点がいってしまい、一人称視点が迷宮を遡っている中、俯瞰から見てしまっていました。

 ところで、行方不明の彼女の妹が、彼女に似てると色んなところで言われてるのに、それが彼女本人とは思わなかったんでしょうか?妹がいるという情報源が確固としたものでなかったので、僕はそう思いながら読んでしまっていました。

 
 
迷宮遡行 (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
id-617896-a
Blog Records:id-617896-aComments... ...続きを見る
id-617896-a
2006/10/30 03:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「迷宮遡行」読了 アパはふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる