アパはふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「春の数えかた」読了

<<   作成日時 : 2005/02/27 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 春が来れば花が咲き虫が集う――当たり前?でもどうやって彼らは春を知るのでしょう?鳥も植物も虫も、生き物たちは皆それぞれの方法で三寒四温を積算し、季節を計っています。そして植物は毎年ほぼ同じ高さに花をつけ、虫は時期を合わせて目を覚まし、それを見つけます。自然界の不思議には驚くばかりです。日本を代表する動物行動学者による、発見に充ちたエッセイ集。(背表紙より抜粋)

 この著者の本を買うのは初めての筈なのに、響きに覚えがあるな、と思ったら、「ソロモンの指環」や「利己的な遺伝子」の訳をしていた人でした。両方とも10代の頃に繰り返し読んでいたので、覚えがある筈です。
 動植物の行動原理の面白さを、著者の体験から引き出していったものが多く、「ソロモンの指環」に出てくる動物達よりも身近な、また実際、見たり触ったりした記憶のある対象が多いので、そういう観点では楽しめました。「あー、あれそーなんやぁ」みたいな感じで。
 「動物の予知能力」で、雪国のカマキリがその年の積もった雪の量を予知し、それよりもほんの少し高い位置に卵嚢を産むという行動を、在野の人が10年以上にも渡って計測した解析した結果、どうやら本当として認知されるという話が出てくるのですが、ではカマキリがどうやってそれを知るのか?ワクワクするような話じゃないでしょうか。本の中ではこの問いの解答は、当時まだ解明していなかったのか、記されないままですが、ネットで検索すればその答えも出てきますので、是非、探してみてはどうでしょうか?春の数えかた
春の数えかた (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です!BBSの代わりにココでカキコさせてもらいます。
久々にジャッキーが香港映画フッカツダー!!(゚∀゚ )三ですな!
しかも「香港国際警察」やしキャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ど真ん中直球でワクワクしますわ〜。出来ることなら君と見に行きたいけど無理だしね・・・_| ̄|○また見に行ったら感想聞かせてYO!

追伸:最近のダイスケ変やで!「俺オシャレ?!みたいな・・・」て言い出しそうな勢いですわ。分かりやすく言えば鼻に付くオシャレ野郎なんですYO!
しかもσ(゚∀゚ オレ!! バカにされてるし・・・。
kenji
2005/02/28 07:50
予告編観ましたよ。「ポリス・ストーリー」は未だに僕の中でジャッキー作品としてはダントツなのですが、これはそのシリーズなんですかね?取り敢えず、楽しみですが、ただ、ジャッキーものは誘う相手が限られる・・・というかこちらでは一人もいないんで、多分、一人で行く事でしょう。

 ダイスケがこじゃれる・・・うわぁ、癪にさわりますなぁw。まぁ、彼の場合、ほめられても馬鹿にされてる気がするし、反省してる言うても再犯間違いなしな感じしかしないしね・・・。っていうか、なんでみんなハマー語になっとんねん!?
chu-to
2005/03/01 04:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
「春の数えかた」読了 アパはふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる