アパはふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Mr.インクレディブル」を観に行く、ある平日の誰彼

<<   作成日時 : 2005/01/21 15:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
 今更ですが、「Mr.インクレディブル」を観に行って来ました。
 多くを語る必要もなく、「素晴らしい」の一言に尽きる出来でした。大槻ケンヂ氏がエッセイの中でジブリ作品について言及している箇所で、「欠点がないのが欠点」と評価していましたが、この作品についても同じ事が言えます。
 IMFのH氏と連れ立って観に行ったのですが、あまりの欠点のなさに逆に当初、話題にのせにくかったぐらいです。その後、作品評から日本とアメリカの文化人類学的な比較論へと発展していき、H氏は劇場作品としての作り手側の意識の持ち方の日米との差異を強調し、こちらはビジネスモデルとしての成熟の差を強調したり、個人主義・全体主義の捉え方や青色発光ダイオードの報奨の話を混ぜながら展開していったのですが、何にせよ太平洋戦争以来の敗北を喫した気分になったのはお互い確かなところでした。勿論、単純な文化比較で明解になるわけがないのを了承してのお話でしたが。

 以前、PIXARスタジオ内部の様子のドキュメンタリーや友人のD氏に見せてもらった「HALO2」のメイキング映像を見た時(それが話半分や編集によるものとしても)にも思ったのですが、作品をゲームとして作る意志の統一が図られているか、図られていないかの差を感じました。

 一度、日本も「禁酒法」を執行してみては如何なもんでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ほー、Mr.インクレディブル良かったのか。
コレはもう将来の布石としてMac mini買うしかないやろ。
目指せPIXARを合い言葉に。
はまー
2005/01/22 03:18
あんまりにも圧倒されたので、つり合い取るために1点だけ重箱の隅つついとこう。
あのコスチュームデザイナーのオバチャン、なぜ予備知識もなく妻子の分までコスチュームを作れたのだろうか…。
はまだ
2005/01/22 04:06
>はまー
なんでやねん!いや、Mac miniは確かにちょっと心惹かれてますが。はまーさんも「Mr.インクレディブル」は機会があれば、劇場で見てみては?これが王道という見本の様な出来です。

>はまだにーさん
・・・いや、その程度のつつき方では揺ぎ無いですよ。こちらもつっこもうと思うのですが、ピンバッジの出来とか、作品外の箇所でしか、不満点が出てこないです。はい。
chu-to
2005/01/22 17:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Mr.インクレディブル」を観に行く、ある平日の誰彼 アパはふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる