アパはふ

アクセスカウンタ

zoom RSS おもいでのままで 其之壹〜「海人ゴンズイ」

<<   作成日時 : 2004/10/04 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
 過去を美化するのは人間の知覚する時間の捉え方からして、ごく自然の成り行きだとは思いますが、いざ振り返るだけで飽き足らず、美化していたものに接してみると、そのギャップに戸惑いを禁じえない事が多いのも、また自然な成り行きの様にも思えます。
 「海人ゴンズイ」という漫画がありました。1984年後半に週間少年ジャンプを購読していた人はご存知かも知れませんが、かのジョージ秋山氏がジャンプ紙上で連載されていた漫画です。
 ふと思い出してから、長年、妙に心の片隅に残り気になっていたのですが、最近、入手する機会があったのです。

 僕自身、画像情報は比較的記憶にあるのですが、内容は殆ど覚えておらず、友人が言うには”「アチョップー」と叫ぶ黒人の子供が主人公”とか”気の狂ったお母さんと生活してる”など、とても少年漫画とは思えない断片的な情報が集まった為、色んな意味でワクワクしながらページをめくっていったのです。

 ・・・人は・・・・・・・・・人は何故、思い出を思い出として心の内にしまっておけないのでしょうか?何故、わざわざ綺麗に均された記憶を汚く掘り起こしてまで、そのものにまた触れようとしてしまうのでしょうか・・・。ふとそんな事を考え、火曜日の学校の帰り、170円を握り締め、近所の文房具屋にワクワクしながら歩いていった少年時代を思い出した、ある秋雨の日の事でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
すももも「見なきゃ良かったYO!」になるのかな、、、
実際1巻で終わってるってことは、つまんなかったから打ちきられてる訳だし、、、
この年になると思い出しちゃいけないんだろうなってコト増えて困る。
はまー
2004/10/05 08:26
キラーBOYとかキラーBOYとかキラーBOYとか。
あと、むかしゴンズイの消しゴム人形うちにあったわ〜、ジャンプの全員プレゼントかなんかで当たったやつ。もうとうの昔にどっかいってもたけど。大切に保管してたらめちゃレアやったんやろなあ・・・惜しい事した。
ダイスケ
2004/10/06 00:14
本誌で読んだ訳じゃないけど諸星大二郎のマンガ持ってた気がする。
そん時の感想は「何でこんなのジャンプで連載されてたんだ?」コレも多分レアなんだろうけど、何故か左近の前の古本屋に普通に売ってました。
2巻まで続くのは結構名作多いかも、バオーとか眠兎とか。蓮華は全一巻ってことなのか。
はまー
2004/10/06 08:52
「すもも」は1985年、「キラーBOY」は1984年。20年前ですよ。両作品共。

>はまー
 ゴンズイの裏表紙を見る限りでは諸星大二郎さん、結構連載数は多かったみたいですね。しかし、「バオー来訪者」は惜しまれる作品として、「眠兎」は予定通りに終わったんじゃないでしょうか?「蓮華」は…「I'll」が終わったんで、期待して待ちましょう。

>ダイスケ
 あーあったね〜。「キン消し」なるモノが流行した時に。僕は確か、「ブラック・エンジェルス」の”雪藤”と…あの迷彩服の女性でした。…お互い、かなりひねくれた嫌な子供だったみたいですなぁ。
chu-to
2004/10/06 21:18
少年ジャンプ/1984年28号/キラーBOY第一話/うすね正俊
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b73844820
少年ジャンプ/1984年40号/海人ゴンズイ第一話/ジョージ秋山
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k43012153
亀レス仙人。
2007/02/19 13:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
おもいでのままで 其之壹〜「海人ゴンズイ」 アパはふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる