アパはふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「『アリス・ミラー城』殺人事件」読了

<<   作成日時 : 2004/09/05 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
■「『アリス・ミラー城』殺人事件」北山猛邦(講談社ノベルス)

 ルイス・キャロルの作品にちなんだ不可解な城に探偵たちが集められた。ある者は密室状況下、巨大な鏡の上で顔を溶かされた死体となり、ある者は合わせ鏡の部屋で殺され、犯人は目撃者の眼前で消失する。館内のチェス盤からは殺人の度に駒が一つずつなくなって・・・・・・。不可能犯罪に込められた驚くべき思念とは!(背表紙より抜粋)

 前作、前々作といい”終焉”を冒頭で意識させる世界観の作り方は非常に好きです。簡単に誰かのモノローグをつかって、終わりがハッピー・エンドにならない様に意識させ、切実感を出させる効果はアホ程見かけますが、作品毎に違った効果の出し方をしているので、それだけでも楽しみにしています。
 物理トリック談義は二項目目については、複数の扱い方によると思うのですが、後に関してはなかなか面白いものでした。物理トリックが全盛期ほど、ファンを喜ばし、感嘆のため息をつかせるものではないにせよ、プロレス最強神話が一つの期待としてある様に、どうしても心の片隅で心音を昂ぶらせているものなのではないかと、個人的には思っています。
 
 それにしても、犯行動機は(映画「マトリックス」シリーズの)マトリックスの構築に近いものがある様な・・・もっと合理的で経済的な方法あるだろうに・・・これも一つの歪んだ愛情でしょうか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『アリス・ミラー城』殺人事件
読みましたよー!ずっと読みたかった 北山猛邦先生の『アリス・ミラー城』殺人事件 読み終わって、心の中でこう叫ぶ。 ...続きを見る
愛にすべてを
2005/07/02 23:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「『アリス・ミラー城』殺人事件」読了 アパはふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる