アパはふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「山窩物語」読了

<<   作成日時 : 2004/07/23 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 「三角寛サンカ選集 第一巻 山窩物語」(現代書館)二○○○、十一

 学生時代、民俗学を専攻しておきながら然程、興味を持たないままでいて、最近、あまった図書券で購入してみたのですが・・・読了後、以前から先入観として感じていた胡散くささを払拭してくれるどころか、益々、増幅させてもらえる結果となってしまいました。

 柳田國男も小論で少し書かれていたのを読んだ時にも感じたのですが、この三角寛の文にも共通して偏執的な熱を感じてしまうのです。発見に対する特権の主張が強すぎて、期待感が暴走している様にしか視えないです。妙に女性のサンカを美人、美人と言い、その厳格な規律や社会性も賛美する方向に行ってしまっている箇所も多々、見受けられました。

 フィールドワークを行い、今はもうトケコミ(サンカが一般社会に行ってしまう事)を行ってしまったサンカの生態を記録として残したという功績は讃えられるものだと、勿論、思うのですが、彼の視点が近世、西洋人が東洋人に対して視ていた博物学的視点である様な気がしてなりません。元新聞社員(しかも朝日)という職業柄や時代性を考えれば、仕方がないような気もしますが・・・。

 選集の6,7巻と「幻の漂白民・サンカ」(沖浦和光)も購入してしまっているので、その内に読みたいのですが・・・丸々、一ヶ月本だけ読んで過ごしたいなぁ。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「山窩物語」読了 アパはふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる